10分日記

最初の友だちは心のオアシス

 

するする本音が出てくる。ぽろぽろ思い出がこぼれていく。

 

自分で選んで飛び込んだ世界で出会った初めての仲間たち。芸能の世界に飛び込んで、自分の状況と環境を見て道を決めたけど、やっぱり恋しかった。

1人だけ違う道を選んだことが明確で、自分で決めたことだからもちろん後悔はしていないけれど、みんなの歩む道から一人だけ外れることで、もう今までのように仲良くしてもらうことはできないんじゃないかと思っていた。
だからその連絡するのも怖かった。

 

でも、いざ打ち明けてみたら、ものすごい量の、背中を押してくれるメッセージが返ってきた。

 

私たちは自分のことを分かってくれる人が欲しくて、自分が変化したとき、それを受け入れてくれるかどうか不安に駆られることがある。信頼していた仲間ならなおさら。

変わっていきたくても、変化していっても、やっぱり一人は寂しいから。

 

でも、それは案外私たち自身が感じているだけの不安かもしれない。

 

あなたの感じているかけがえのない時間は、相手にとってもかけがえのない時間で、相手を奮い立たせるそんな原動力にも支える力にもなっていたりする。

そんな最初を語れる存在はあなたにとって心のオアシスのような存在かもしれない。

私も「主役でいたい!」とか、「たとえ同じじゃなくっても表現者でありたい」という想いを思い出せたり強く思うことが出来たよ。

 

 

心のオアシスはあなたのそばにある。

そんな昔の仲間たちの存在が、今を頑張る力と勇気とエネルギーと「それでいいんだよ」という承認をくれるんだ。

 

 

ABOUT ME
りゆ
世界一幸せな女性です。ビビり。ライター,歌い手,心理カウンセラーの3本柱を作るべく活動中。ブログ書いたり、歌ったり、三線を弾いたり、カウンセリングしたり、小説書いています。好きなものは大豆製品と MASAAKi TAKAHASHi 。特技は布団干し。前田デザイン室ぬけだ荘住人。