りゆの頭の中

変わっていくもの

 

未来は未確定なもの。

その時は本気だったとしても、年月経て変わっていったってそれは何も悪いことじゃない。自分の ”やりたい” を探している途中ならなおさら、変わっていっていいんだよ。

 

 

1つのことに夢中になれる人がうらやましかった。純粋に好きで続けられて、熱中できて、目標に向かって一直線に走れる人が不思議だった。

「どうしてあんなにずっと考えてられるんだろう」

でもその空間にいることは好きだった。たった一つのことに満たされて、そうやったらもっとうまくなれるかについてずっと、本当に四六時中話してるその状況の中にいること、その中で黙々と練習し続けることは好きだった。

でも、仕事にしたいと思えるようなことにはたどり着かなくて。

そんなときある子にこういわれた。

 

 

「あなた自分に厳しすぎるように見えるから、たまにはいーっぱい、甘やかしてあげていいんだよ。そうやって自分のこと大切にしてあげて。」

 

 

目からポロッとうろこが落ちた。

そんな風に見えてたんだってこともそうだけれど、自分を甘やかすって考え、自分にはなかったから。

自分の心の声なんて、久しく聞いていなかったから。

 

 

そしてその次の日に、とんでもなく心揺さぶられる経験をした。

そして思った、私は広げる人、届ける人になりたい。と。

今年の最初とは全く違う目標になっていた。なんていったって、2019年の1月はフリーランスの方の専属オンライン秘書をやっていて、4月からは演劇を習い始めた。

今だって芸能の道を視野から外してはいない。でも、本当にこれなのか?感はたまに自分の中に生まれていた。

それでこの今回の出来事。正直今までの心の震え方とはわけが違った。涙まで流れた。嗚咽というかなんといか。声がずっと漏れていた。これなんじゃないか。そう思えた。

すごい様変わりようだと思う。「今までの取り組みはウソだったの?」人によってはそう言ってくるかもしれない。先に言わせてね、断じて違うよ。

 

全部その時は本気だったんだよ。そして本気で取り組んで、一生懸命やってみて、ふと立ち止まって考えたとき、もっと心ひかれ躍る、これならずっと考えられる、取り組める、そういうものがある気がする。って思ったんだ。

 

本気で取り組んで、ふっと自分の歩いてきた道を振り返るからこそ気付けること。そして変化がある。

変わっていいんだよ。目の前のこと必死に一生懸命取り組んで、それで出た答えなら、自分も納得できるし後悔しない。

 

人は変わるものだ。

変わらない部分はそれはそれで大切に、さなぎからチョウへ変わるように、より自分が好きになれる自分に変化していけばいいんだよね。

 

もっともっと美しく自由に、私たちは変わり続けるから。

 

 

ABOUT ME
りゆ
歌・ラジオ・作詞作曲が好きな女の子。J-pop,沖縄民謡,ときどき洋楽をうたいます。日課はラジオ #りゆトーク の配信。なりたい自分に向かって変身中。