りゆの頭の中

軸足を決めよう

1月に入って1日1日もともと入っていた予定を1つずつ終えて一旦落ち着ける日が今日だった。

正直落ち着いている暇はない。4年制の理系大学に通う身として卒業論文制作という、もう本当に逃げられるのなら心から逃げだしたいものが待ちかまえているからだ。そもそも実験のデータが揃ってない。もう泣きたい。

そんななかでもやらなければいけない、というか論文読んでる量も全然追いついてないから書きながら読むしかなくて泣ける。悲しい。書き方もろくにわかってないからそこから調べてるしほんとに終わるのこれ。

こんな末路たどっちゃだめだよ他のひとは。

本当はやりたいことなんていっぱいある。卒論投げ出したいもん本当に。でも自分で選んだことだし、やるしかないと分かっているからやると決めた。

それが、軸足を置く場所を決めたということ。

軸足を決めたらそこからは動かさない。決めたことをやり終えるまではそれを最優先にするということ。どんなに興味のあることがあっても軸足を置いたこと以上に優先することはしないと決めたのだ。

私はいろんなことに興味を持つ人間だから本当は今もやりたいことが片手では収まらないほどあるし、少し細かくすればすぐ両手は超える。足の指使えばぎりぎり足りるかな。

でもそんなことしても力は分散しちゃうし、1つ1つのことを達成するまでに時間がかかることもわかる。それならやらなければいけないことをやると決めて、出来るだけ早く最短で終わらせる努力をした方が色々と結局早く終わったりする。

人間、同時にいろんなこと進められるといっても、一つのことにすべてをかけている人に勝てる人はほぼほぼいない。

私も例外なく当てはまって、しかも私の場合1つのことの習得スピードも他の人に比べてゆっくりめ。他のことを受け入れすぎて飽和しちゃって、結局自分のやりたいことや生活が犠牲になる、自分が思っているよりも無理をしていて終わったと同時に寝込んだという経験も何度かある。

だから軸足を決めたのだ。自分が立つ位置を自分で選んだ。

そうするとそのことだけに集中できる。優先順位が決まるからそれ以外のことを断ることで自分にも余裕が出てくる。そうすると取り組んでいるものの質も上がってくる。自分の気持ちの余裕が作る作品のクオリティにつながることはよくあるのではないかと思う。

軸足を決め、どっしりと構えてものごとに取り組むこと。

自分を守り、成長させ、いいものを作るポイントだと思うのです。

 

ABOUT ME
りゆ
歌・ラジオ・作詞作曲が好きな女の子。J-pop,沖縄民謡,ときどき洋楽をうたいます。日課はラジオ #りゆトーク の配信。なりたい自分に向かって変身中。