10分日記

背負いたくないでも背負いたい”もの”

 

面倒ごとは避けたいし、自由に生きられた方がいい。

そう考えていろんなリスクをとらない、取らないで済むように動くことができる今。

やっぱり自分の好きなことをやる時間は確保したいし、面倒なものごとには関わらず自分の心地いい環境だけで過ごしていたらきっと快適ではないだろうか。

自分の興味あるものごとにポンポン飛び込んでいけたら楽しい。背負わない身軽さが何よりもいい。そう考えても間違いじゃないよね。

 

でもその身軽さは、私たちのとびきりの喜びを奪っているかもしれない。

 

責任はかけられた分だけ私たちに重くのしかかり、達成できなければそれは自分の評価を下げることにつながる。そのプレッシャーを背負いたくないと感じる人はいっぱいいると思う。

でもそれは、裏を返せば相手が自分を信頼しているという証。任せてもいいと思ってもらえている証拠なのだ。自分自身が認めてもらえている、だから責任ある大きな役が回ってくる。それはやっかい者の仮面をかぶったチャンスなんだ。

 

重要なことを任せてもらえない人、責任を背負わせてもらえない人は、その責任を本当は負わせてほしいと思っているかもしれない。

責任を背負うことで見える景色、味わえる喜び、自分の成長、周りに対しての想い、時間の使い方…いろんなものの見え方が変わってくるから。

 

 

本当に面倒なものは避けていいと思うし、判断ができないならひとまずやってみる精神でもいいんじゃないかな。それでも自分で決めたことならやり通すこと。

責任を背負えるのは相手からの信頼と期待の証。

背負いたくはないけど、でも背負いたい。そんな不思議な”もの”。

 

 

私たちへのチャンスは分かりにくいかたちでやってくる。

でも人の期待に応えるっていうのは、案外楽しかったりする。

 

だから私たちは頑張れるんだ。

 

 

 

ABOUT ME
りゆ
世界一幸せな女性です。ビビり。ライター,歌い手,心理カウンセラーの3本柱を作るべく活動中。ブログ書いたり、歌ったり、三線を弾いたり、カウンセリングしたり、小説書いています。好きなものは大豆製品と MASAAKi TAKAHASHi 。特技は布団干し。前田デザイン室ぬけだ荘住人。