10分日記

自分の言葉に胸を張れますか

 

まずかったら消せばいい。

 

そんな風に思っているのかな。

自分の言葉を気軽に発信し共有できるようになった今。SNSでもメッセージアプリでも会話のテンポの良さや、気軽さが使う私たちのコミュニケーションをより楽しくしてくれる。

だけどその裏で、本来の意味を分かっていれば言えないような言葉を投げられ傷ついている人がいる。ショックを受ける人がいる。

 

SNS上で気軽に言える本音。何かまずいことがあったら消せばいい。

 

本人は何の気なしに、ただ思ったことを書いただけかもしれない。

でもそれは送信ボタンが押された瞬間、世間にさらされるものになる。その人の品格を周りの人はその文面や言葉遣いから判断する。1度世間に出た言葉は私たちの分身、投稿やメッセージが消されてもその印象はずっと残る。

 

言葉は誰かに何かを届けるためにある。

独り言だって自分から自分へに向けての言葉だもんね。

 

自分の思うことや考えを気軽に発信できるようになったのは素敵なことかもしれない。

でもその言葉は自分の分身で、胸を張れるものなのか、恥ずかしいものではないのか。

 

 

たまには問いかけてみるのもいいんじゃないかな。

 

 

ABOUT ME
りゆ
世界一幸せな女性です。ビビり。ライター,歌い手,心理カウンセラーの3本柱を作るべく活動中。ブログ書いたり、歌ったり、三線を弾いたり、カウンセリングしたり、小説書いています。好きなものは大豆製品と MASAAKi TAKAHASHi 。特技は布団干し。前田デザイン室ぬけだ荘住人。