りゆの頭の中

だから私は学校をやめた

りゆです。

 

 

今日はこちらのリクエスト曲を歌いました。

 

nana:告白予行練習 by HoneyWorks

 

私もよく聞いていた曲だったのでリクエスト嬉しかったです(^^o)

幼馴染っていうのも憧れてたなぁ…! そういう存在がいなかったのでうらやましかったです。

 

 

 

昨日、とある学校をやめてきました。

 

そこは自分のやりたいこと第一歩というか、当時自分の興味がある分野を学べる場所だったので、お金は多少無茶をしましたが入学したんです。笑

自分のやりたいを叶えてみる、自分のやりたいを尊重してみる、自分を見つけてみるって感じですかね。イメージとしては。

 

そして1年間通って、夢を目指す人たちに出会って、そこで自分と向き合って自分が出したものに対して周りの人から意見をもらって、一緒に一つのものを作っていって。

時には自分の弱いところとか見なきゃいけなかったし、ちゃんと向き合わなければいけなかったのはつらかったですし沈みモードに入ってしまうこともありました。

 

入ったきっかけは「そんな世界なんだろう」という好奇心でした。それでも入ったからには自分なりに一生懸命やりました。

講師の人に心配されることもあったし、闇落ちしてるとか言われたときもあったし、それでなんとクラスで闇落ちキャラ定着しちゃうし(笑)

 

それでも周りの本気のこの話を聞くと何か違う気がしていて。違和感がありました、本当に私がやりたいのはこれなのだろうかと。

 

 

そしてなんとコロナが猛威を振るいます。

 

 

楽しみにしていた学校も休校。去年度の最後の方から今年度の数か月間お休みになりました。

 

そしてその間、自分でやりたいなと思っていたことを少しずつですが調べていました。少しずつ取り組んでいきました。

そしたらね、こう思えたんです。私のやりたいのはこれかもしれない。と。

 

その学校で学んだことや行きたい方向は一緒だったのですが、そこに縛られなくてもいいんじゃないかと。

自分は何も知らない状態でその学校に飛び込みました。だからやりたいことが見えてきた今、自分できちんと調べて準備する時間が欲しいと感じました。

 

 

その学校に行き続けていれば得られるチャンスももちろんありました。仲良くなった仲間ももちろんいます。お世話になった講師の方々もいます。

何度も何度も考えました。どうしようか迷ったけれど、私はまた学校に行き始めて自分が「なんとなく」その夢に近づいている感覚になるのが嫌だった。

だから辞めることにしました。

恐ろしいんです、そこにいればなれるかもしれないと、何も知らないからこそ思ってしまう。でもそんな簡単な世界ではないし、自分の実力やアピールポイントが不足しているのも感じました。

 

何より、本当に好きでやりたいことはそれではないということ。

 

立ちたい場所、見たい景色に到達するための方法はその学校に行くことだけではなく、いろんな方法があるから、じゃあまず自分が見つけた自分の本当にやりたいことを追いかける方法で行こうと。

 

そして、その場所が忘れられなければまた帰ってこようと。

 

 

 

そうして、私は学校を辞めました。

 

今から自分でやらなければいけないことがたくさんです。頭もいっぱい使います(笑)でももう実は歩き始めています。方向は見えているし、私は諦めないから。

 

これからも日々精進していきます。

 

 

 

みんなと一緒にペンライトの海を見るぞ~!!!

 

 

 

 

ABOUT ME
りゆ
歌・ラジオ・作詞作曲が好きな女の子。J-pop,沖縄民謡,ときどき洋楽をうたいます。日課はラジオ #りゆトーク の配信。なりたい自分に向かって変身中。