10分日記

納得できるものを手にすること

 

欲しくて欲しくてしょうがないものを購入しに行って、サイズが合わない・イメージと違ったという事実が現れたときのこのやるせないない気持ち。

一度は味わったことあるんじゃないかなと思う。

 

以前偶然見つけて気になって、都合を合わせてやっとの思いで買いに行けたリング。購入したかった色味はあったものの…サイズが合わない。

サイズ変更もきかないし、限定ショップのため品物は在庫限り。ショックでショックでどうしようもなくて、でも本当に欲しくて、他の候補も目に入れつつ1番欲しい商品と見比べ30分以上悩みに悩んだ。

 

さて、こんなときあなただったらどうする?

 

1番欲しいものがなかったため購入しない。

サイズが合い自分の気に入ったデザインがあればそれを購入する。

つけたい場所にははまらないけどデザインは1番お気に入りのものを購入する。

 

 

これどれも正解なんだ。

 

 

 

ここでどの選択肢を選んでも大丈夫。どの行動を取ってもOKなんだ。だって大切なのは「その選択に自分がきちんと納得しているか」だから。

 

最終判断を下すのは結局は自分。

状況が悪かったとか、ものがそろっていなかったと言っても、その状況で商品を購入しようと決めたのは他でもない自分。

 

逆に購入しないと決めた場合でも、やっぱり欲しかった…と思う時があるかも。

でもそれをお店や品揃えの悪さを原因にしようとするのはまた違う。その状況で買わない判断をしたのは紛れもなく自分だから。

 

これは自分以外の人が関係してくるものごと全てに言えることだったりする。どんな状況があっても、どんな結果になったとしても、その状況でやると決めたのは自分だから。

いつだって自分の行動を決めるのは自分なんだ。

 

 

もし一番最初の問いに、正解を提案するなら納得できる行動が決まるまで悩み抜くこととこう提案したい。

自分の一つ一つの判断に納得がいっていれば、その後起こるどんなことだって受け止めていけるからね。

 

ムリだと思う人がいたら、まずはどんな小さなこと・くだらないことでもいいから、自分が納得いくまで考えて行動や選択肢を選ぶということをしてみて欲しい。

きっとその後に起こったことに対して悔やんでも、過去の自分の選択を後悔することはないから。そしてそれはすごく気持ちいいことだから。

 

 

私は1時間半悩みに悩んで購入したリングを初めてつけていったその日に、もう出てこなくて購入し直そうとしていた成人のお祝いにもらったリングが出てきた。嬉しくてリングを重ねづけした。

いつだって自分の人生の質を上げるのは、自分の納得がいくまでやり続ける・悩み続けるその姿勢だと思う。

 

 

ABOUT ME
りゆ
世界一幸せな女性です。ビビり。ライター,歌い手,心理カウンセラーの3本柱を作るべく活動中。ブログ書いたり、歌ったり、三線を弾いたり、カウンセリングしたり、小説書いています。好きなものは大豆製品と MASAAKi TAKAHASHi 。特技は布団干し。前田デザイン室ぬけだ荘住人。