10分日記

ぶつけ合うから生まれるもの

 

ぶつけあって、感情で殴りあって。本音を言い合い積み重ねていくから、カップルや夫婦の関係ってより深くなっていくんだね。

 

私は演劇の世界に興味を引かれ、今現在演技の勉強の真っ最中。今取り組んでいる台本のキモは「人と人とのぶつかり合い」。

言葉の殴り合い,感情の殴り合いをいかに2人で高めていけるかがキモの作品なのだそう。

 

 

今までの練習では、お互いの感情をぶつけ合っていると思っていても自分が乱されるほど、心動かされるほどのものではなかった。

それがこの前、打ち破られた。

声を出せば出すほど、感情や気持ちを伝えれば伝えるほど、どんどん重くしんどくなっていく心。最後の最後のセリフはとどろかすかのように叫んでいた。

 

掴みたかった。取れるなら取りたかったその手を。

 

 

演技のフィードバックとしては私の演技に対しては「まだ救われてない笑 闇落ち笑」と言われたので、まだ私自身の感情も、演じるその子の感情もうまく汲み取れてないし表現できていないみたいだけど…笑

 

お互いの想いや本気をぶつけ合うからこそ生まれる結束感とか、体当たり感情交換戦争の結果結ばれた約束みたいなものはもちろん結果にも意味があるんだろう。

けど、その過程のぶつかり合いが何よりも大切なものなんだろうなと感じたし、そんなことができる相手がいることがとても幸せなことだなとしみじみ感じました。

 

ぶつかれるって、すごく大事なことなんだね。

 

 

ABOUT ME
りゆ
世界一幸せな女性です。ビビり。ライター,歌い手,心理カウンセラーの3本柱を作るべく活動中。ブログ書いたり、歌ったり、三線を弾いたり、カウンセリングしたり、小説書いています。好きなものは大豆製品と MASAAKi TAKAHASHi 。特技は布団干し。前田デザイン室ぬけだ荘住人。